パンダアップデートにおけるGoogleのアルゴリズム開発の25の指標

そもそもパンダアップデートとは何なのか!?

 

2012年2月に実施された、それまでの適当なサイトや内容の薄いサイトの検索順位を下げて逆に内容のしっかりしたサイトの順位を上げる事を目的としたGoogleのアルゴリズムの変更のことです。

その背景にはこれまでのGoogleのSEOの背景があります。

それ以前のGoogleの検索結果は今のようにしっかりとした検索エンジンではなく、コンテンツの薄いサイトや悪質なサイトが上位表示されていました。

そのままにしておくとユーザーが得たい結果を得られずにGoogleを利用しなくなるのでGoogleはコンテンツの薄いサイトや悪質なサイトの評価を下げるように実装しました。

その結果全体の11.8%の検索順位が変化したと言われております。

パンダアップデートの基準になるのは以下のようなものがあります。

1,サイト自体のオリジナルコンテンツはあるか!?

2,サイト自体の被リンクやバナーの量は適切であるか!?

3,コンテンツの内容は充実しているか!?

などが挙げられます。

 

またGoogleは以下の25の要素を満たすサイトが上位表示されやすいと指標しています。

  1. あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
  2. この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
  3. サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
  4. あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
  5. この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
  6. このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか? それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
  7. この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
  8. 同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
  9. コンテンツはきちんと品質管理されているか?
  10. この記事は物事の両面をとらえているか?
  11. このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
  12. 次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?
  13. コンテンツが外注などにより量産されている
  14. 多くのサイトにコンテンツが分散されている
  15. 記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
  16. 健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
  17. サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?
  18. 記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
  19. 記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
  20. ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
  21. 記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?
  22. 記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
  23. 記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
  24. ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
  25. このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?
参照はコチラ

Googleの意図を知ることでどのように見分けしているかがわかってきますね。

 

そもそも「SEO」とは!?

「SEO」とは?


Search Engine Optimization
の略称

日本語では「検索エンジン最適化」といわれます。
例えばユーザー(お客様)がWEBを使ってお店を検索したとします。
その際膨大な数のホームページがでてきますが、その中でユーザーが調べたい、またはそれに最適なサイトをGoogleやYahooが
検索してくれます。
そのたくさんあるサイトから貴方の店舗のホームページをユーザーに見ていただくたのテクニックになります。

先ほどの説明にも書きましたが検索エンジンは膨大な数の情報量を抱えています。
その中でお客様が調べたいキーワードで検索するのです。

例えばユーザー出張族で東京の新宿のシティホテルに宿泊していたとします。

その際ユーザーは「新宿 デリヘル」「新宿 風俗」などで検索したりすることが多いのです。

ここで「新宿 デリヘル」というキーワードでGoogleで検索してみると

約 862,000 件ものサイトが検索されるのです。

またSEOについてはデータがでており、2014年の検索順位別クリック率を見てみると

1位 19.35%
2位 15.09%
3位 11.45%
4位  8.86%
5位  7.21%
6位  5.85%
7位  4.63%
8位  3.93%
8位  3.35%
10位 2.82%

となっております。
以下参照ページ。詳細はこちら

こちらを見ていただければいかにSEOが重要かがわかると思います。

デリヘル店のほとんどが今やインターネットを利用してのユーザーになります。
しかし、大手の媒体の場合広告料が「数十万から数百万」まであり非常に費用対抗が悪く
経営が苦しくなります。

「今やSEO対策は風俗デリヘル店の常識です」

今回はSEOについて簡単にまとめてみました。

 

SEO対策をスマートフォンユーザーの行動から見るソーシャルメディアの重要性

昨今のSEO流入元を調べていました。

最近の調査によると以下のようなことが判明しました。

それは

ソーシャルメディア(フェイスブック、Twitterなど)からの流入が増えている。

という事です。

現在のアルゴリズムは従来のPCサイトからスマホサイトへとシフトチェンジしてきています。

 

総務省が発表した「平成26年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」によると以下のような結果が出ました。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01iicp01_02000028.html

リスト
上記を見てもわかるようにスマートフォンやソーシャルメディアをつかっているユーザーは増加しています。

こうした統計でものわかるように今後風俗店(デリバリ-ヘルス)の集客についてはソーシャルメディアの活用が必須になります。

 

では実際どの様にソーシャルメディアを風俗店で活用するかと考察すると

新人の入店速報やイベント、キャストのパネル撮影や自社のブログの更新などをソーシャルメディアにリンクを張ることです。

Googleはトラフィックが多い、つまりアクセス数が多いサイトを評価してますので

 

ソーシャルメディアの活用はSEOを制するためには必要だということです。

 

ではなぜこのように非常に大事なソーシャルメディアを使わないかを考察してみると

 

①店舗の業務や他のサイトや媒体の更新が忙しくフェイスブックやTwitterやLINE@などのソーシャルメディアに時間が割けない。

 

②他店の風俗店が使用していないので自社もしてない。

 

③以前試してみたが辞めてしまった。

 

このように言い訳でソーシャルメディアを活用してない経営者やサイト運営者が非常に多く感じます。