Googleが最後のペンギンアップデート/風俗デリヘルのSEO対策

先月の9月の23日にGoogleが最後のペンギンアップデート「Penguin4.0」を開始しました。
以下のGoogle公式ページにて詳しく内容が書いてあります。
そして今回アップデートされた内容は以下になります。
1 Penguinのアップデートがリアルタイムで更新される様になった・
2 Googleは今までサイト全体へのペナルティーだけでなく、個別ページに対してもペナルティーを与える
というものです。
当社が独自に調べた結果判明したことは、関連性の高いサイトから外部リンクを張ってもらえてない場合、検索の順位は当然下がり、張ってもらっている風俗オフィシャルサイトの方がSEOでの順位が相互リンクや被リンクがもらえないてないオフィシャルに比べ順位が高いことが判明しました。
また、ペンギンアップデートについては本来の目的は過剰最適化に対してGoogleがペナルティーを与えるためにあるもので
具体的には
1 検索で順位を出したいサイトのキーワードを詰め込みすぎたり
2 不正なリンクの集めすぎ
の上記の2つともか片方が該当した場合ペナルティーが適用されま
風俗店やデリヘル店の場合非常に多いです。
具体的にいうと、不正リンクの集めすぎとは例えばGoogleの評価の高い風俗とは関係のないサイトからリンクを張ってもらおうとする事です。
今回Googleは被リンクだけを監視するのではなく、発リンクのサイトに対しても厳しく監視して関連性の低いサイト自体の関係を無くそうとしております。
つまりGoogleは関連性のないサイトからの被リンクを一掃する一番の方法は
「風俗に関係のないサイトからの被リンク・発リンクをぶっ壊すことなのです」
オフィシャルサイトの順位を落とさないために
「関連性の低いサイトからの発リンクは削除して、関連性のあるサイトからの被リンクを獲得してください」

Googleが遂にモバイル版とPC版の検索順位を分離すると発表

先日、デリヘル・風俗のSEO業界を揺らがす重大な発表なありました。

その事は米国の大手SEOニュースサイトの「Search Engine Land」での発表によると以下のように書いております。

Within months, Google to divide its index, giving mobile users better & fresher content
Currently, Google has a single index of documents for search. Google’s Gary Illyes announced they plan on releasing a separate mobile search index, which will become the primary one.

『数ヶ月以内にGoogleはインデックスを分離することを発表。これによりモバイルユーザーにより良く、新鮮なコンテンツを提供することを目指す。Googleは現在1つのインデックスしかないが、Googleのゲイリー・イリーズ氏によると同社は分離されたモバイル専用のインデックスを公開予定。そしてこのモバイル専用のインデックスが今後Googleの主要なインデックスにすることを決定』

 

「Search Engine Land」

 

こちらの発表はGoogle社のウェブマスタートレンドアナリストのゲイリー・イリーズ氏が公式に発表したと伝えています。

 

これにより以下のような事が想定されます。

 

いままでの通り、デリヘル風俗のオフィシャルサイトを全てのページでスマホで見ても見やすいように改良しないといけないという事です。

 

今後は風俗デリヘルを利用するユーザーのユーザビリティーを追求し、ユーザーのためのサイトが残ると思います。

 

SEO対策されたオフィシャルサイト作成はこちら